アマの試合を見て

アマ総合の試合を見てきました。

40試合も見てると、色々面白い結果も。
ダウンして大丈夫です、って言ってるのに壁の隅から目を離せない選手。
朴訥なサラリーマン風ながらもボディを丁寧に攻めてTKOを奪う選手。

アマ選手ながら光る技術を持つ人もちらほら。
それでも更にプロが存在し、チャンピオンという高い頂きが待っているのですなあ……

んでも最近気になるのは草格闘技大会横行のお話。

タニマチがやってるんだか、
格闘技が好きな人がやりたい放題でやってるのか。

どちらにしても、大きな事故が起きたら……と思ってしまいます。
本当に今日見てたら、危ないシーンが幾らでもありました。

特に危ないタニマチの人たちの興行とかは、
レフリーよりもそっちが権力強いそうで、
危険な状態になったら一旦そっちに指示を伺ったりするとか。

一秒が大事故に繋がりかねない競技なのですから、
そのような事か起こらない事を祈ります。


悪の脇道は草格闘技大会の撲滅を応援しています。

これも歴史の分岐点

青木真也選手の敗北は、惨敗だったのか、
惜敗だったのか。
生放送で5Rの試合を見た後、そんな事ばかり考えてました。

とにかくそこには、薄くても超えられない高い壁一枚があったような試合だったわけで。

また日本の格闘技界は確実に苦境に立たされているわけで。

ただそれでも生放送でこの試合を見れた事には意義があったと思うわけで。

苦境に落ちれば、立ち止まるのではなくて、這い上がる事しか出来ない人達だらけなのだから、格闘技という世界は。


新しい流れが、また始まっただけの事。

桜は狂い咲くか

後6時間、
それだけ経てば、アメリカでストライクフォースが開催される。

何て事の無い格闘技の話。

近代MMAの申し子、ギルバート・メレンデスに、
狂気の男、青木真也が挑む。

大多数の人間にとっては、どうでもいい事かも知れない。
それは分かってるのだが。
自分がこんなに心配しても何の意味も無いのだが。
それも分かってるんだが、どうしたって祈らずにはおれない。

勝つ人間がいる、負ける人間がいる。
それが格闘技なんだが、
せめて願わくば、今日だけは、青木真也が勝つのが格闘技であって欲しい。


男が全存在を賭けた大勝負が、後6時間で始まるのだ。

狂気

Google注目検索ワードで一位になったり、
大晦日を何かと騒がせた青木真也選手。

しっかし……皆さん骨を折るのがそんなにお嫌なのな……

早く止めるべきだったて声もあるんですが、
これは多分に認識の問題でもあると思うんですが、
関節技ってのは極まってるか極まってないかってのは
技の微妙な形にも個人差で違いがありますし、
かけられた技がどう入ったらどう効いてるかってのは見てても中々分からないもんです。
特に今回のケースは廣田選手もレフリーにしてもセコンドにしても、
初めてみる技だったようですし、ストップの判断が遅れてもしょうがないわけで。

もし極まった状態で時間が経過してしまい、技が外れた後反対にパンチでKOされたら、
あの極めた体勢になったのは何だったのかという話になってしまうわけで。

そんでもってそこまで怪我しないように訓練するのがプロなんて声もありますが、
相手を脳や骨に影響を与えないように殴る選手もいませんし、
手加減をして極まらない技に何の意味がありましょうか。
骨を折る事については青木選手には何の非も無いと思うわけで。

狂気をはらんだ男、青木真也。
頭が飛んでしまうくらい、格闘技に生きるこの男。
どんな評価を受けようと、この選手を追い続けようと思います。

余韻の悪さったら

今年も年末は格闘技を見て過ごしまして。

マサトの引退試合もつつがなく終わり、
後はダイジェストの試合を放送。

あらー秒殺の試合多いからダイジェストって言っても殆どフルサイズ。

そして目玉の試合。
青木VS廣田。
どうする、どうなる……と思ってたらあっさり関節をキャッチ。

ぐいーって引っ張って、

大晦日の全国放送で青木さんが廣田の肩をぼっきり外す所が放送されましたとさ、
後負けた相手に中指おっ立ててる所も。


そんな余韻を引きずったまま年越し。
最低やなー青木さんw

格闘週末

金土日月と格闘技興行が目白押しだったわけで、

海の向こうでは日本人が連敗。
K-1も若手は惨敗。
DREAMも期待のホープが惜敗。
パンクラスはエースがボロボロのコンディションを晒してしまう結果に。

驚いてばっかりの内容でしたが、
一番の驚きは、そう!


しゃべくり7の来週のゲストの紹介コメント。

「今! 再ブレイク中のMAX!」



 え!?



あ、下からの突き上げをきっちり押さえ込んだ佐藤嘉洋選手は立派でした。
ただ、ダメージが気になるなあ……

白米

米を炊くときは水をギリギリ少なめに入れて固めに作ります。

柔らかいご飯だとちょっと物足りない。
固め固めに炊いて、歯ごたえを楽しむのが好み。

という話に絡めて先日のDREAMの放送が余りに酷かったのを絡めようと思ったんですが、

まーどこのブログだの何だので不満が爆発しとりますわ。

結局の所、前座をきっちり放送しといて
タイトルマッチを3つも4つもブツ切りにして放送するよなTBSじゃあ
格闘技が持つ勝利の意味を殆ど伝えていけないと思うのですよ。