スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お話はシンプルに

今週のオールラウンダー廻
Line 後編

ターゲットを叩きのめし、残心の構えを取る喬、
その顔には多量の汗が浮かぶ。

そして先輩チンピラのユウジ達を助け
ターゲットの児島を引き渡す。
帰りの車内で落ち着いた喬の頭に浮かぶのは、以前趙に言われた言葉。
「ボクシングは今でも好きだが、いつかは引退しなくちゃならん」

「良いよな、武道は」

そして更に思い出すのは新しい技が出来たと無邪気に喜ぶ幼い頃の廻。

そしてまた、趙と体育館で練習。
そこでターゲットの児島がユウジに殺された事を聞き、
刑務所に向かった喬。

何故だと問いかける喬にユウジは疲れたような、それでいてどこか割り切った顔を見せる。
格闘技のプロになってくれと、
こんな所で俺のようなやつに、足を引っ張られるなと答える。


そしてまた練習後、スジ物の叔父に今回の件の真意を尋ねるが、
微妙にはぐらかされるばかり。
そして叔父達と別れ、歩いていく喬で幕。


やー今回の喬編、EDENの頃の遠藤さんをずっと自分らが引きずってたので、
いつ喬が本格的に裏の世界に行ってしまうかと不安で不安で。

や、ようするに、
残虐シーンを生かす為の束の間の平穏が前作の流れだったとすれば、
平穏を意識する為には、一回喬にも闇を見せておかないと、
爽やかライバルストーリーに目を向かせられないなーって事なのでしょうな、
シンプルに。


いやいや、勝手に引きずって変な見方をしてたの事ですよ。
スポンサーサイト

きれいなサンボマスター

kireina

うわーキレイなサンボマスター

イラストだけ公開して、写真を見せないという、
逆伊集院光方式の歌手とか、どっかでやってそうな気もする。

新人……なのか?

itouk

伊藤黒介
「ベルとふたりで」

生まれた時から一緒の
女の子すずと
メス犬のベルの日常を綴った4コママンガ。

と書くとベタな臭いが漂ってきますが、
いや、ベタなんだ、
ほのぼの路線とはちょいと違うものの、
あくまでベタ、しかしそれでいて新鮮味溢れるテンポ。

目に飛び込んでくる絵のタッチと絶妙な構成力。
ベタの更に上、本当にこの人デビュー作なのか……?

オススメです。

後何故か桜玉吉さんの雰囲気がするのは気のせいだろうか……

バスロマン

バスロマン、
入浴剤の中では大分メジャーなやつ。

ちょいと前まで、細川ふみえがCMやってましたが、
最近は藤原紀香に。


そうか……細川ふみえの後継者だったのか、藤原さん。

納得。

激動

身の回りがえらい事になってまして、
趣味の色々を効率化してる所で。

取りあえず色々と区切りをつける為にも……
天突の方、頑張っていかなと覚悟した次第。

深夜のテレビで

クリント・イーストウッドの「目撃」をやってたので視聴。

翌日早いのに……
それでも見せてしまう作りが流石なのか。

まー内容は大統領の起こした、
とある事件を目撃してしまった泥棒が、
事件を歪曲しようとする敵に立ち向かうお話なんですが。

見てたら意外や期待はずれ、
巨悪に立ち向かう主人公を描いた社会派ものかなーって思ってたんですが、
本当はいかにクリント・イーストウッドが格好良いかオンステージ、120分だったわけで。

ま、社会派ではないにしろ、
真面目な脚本はそれなりに、
しかしとにかく主演がダンディなんだわ……

娘に「外は危ないわよ」と言われ。

「いつもそうだよ」と返す父。
 

格好ええなあ……

CDを買う

ms

広島は一日発売日が早いので、
正式な発売日の盛り上がりに上手い事乗れずに終わってしまう気がします。

後、買うCDが偏ってばっかりなんで、坂本さんのプロモーションに
金がかかってるんだかそうじゃないんだか。

最近はサントラとか、
そういう方面ばかり買ってる上に、
後は中年のロックとか、
そんな買い物ばかりなので、ちょっと公平な目になってない気がします。

残念

イブニングを買いに行ったりしてたら
気付く事が。

goodアフタヌーンがコンビニに置いてない……

何件かは前号まで置いてたのに、なんて事……
折角大田モアレさん初表紙だってのに。

廻 地獄編

今週のオールラウンダー廻
「Line 中篇」

ツレを助ける為、標的のアジトに乗り込む喬。
その態度は入る前から堂々としたもので、
勝ち負けに拘る癖に、こういう所は冷め切ってるのか。

そして潜入後、交渉が決裂するや否や、
専守過剰防衛を見せ付ける。

三戦(サンチン)の構えの極意は平手にあると言い、
目付き、金的、覚えたてのフックとやりたい放題。

空手は金的を念頭に置いた武術であるのではと趙に話す場面を交えながら、
立ち関節、銃潰し、地獄編が続くと、
祖父から武術のあり方を諭される幼少時代の喬の思い出で今回は終了。


さて、この後試合と実戦の違いの説明あるのかなー
技術的な事で。

多分この後、プロシューターにボロ負けする喬が見れそうな気がしてるんですが、
拳銃に勝ってプロ修斗では負ける喬って流れを、
綺麗に見せてくれるのかなーと。
変に説明不足でなあなあになりませんように……

とりあえず塗装。

素組みばかりで塗装を半ば諦めてましたが、
押入れの掃除をしてたらポスカとか、ガンダムマーカーの束が出てきたので、
部分塗装だけでもしてみるかと、一念発起。

とりあえずタイシジさんの金の所をポスカで。


3時間経過。


あれ……ポスカって塗膜こんなに弱かったかな……?
パーツを持った指がキラキラ。
そうか烈伝の時は最後にトップコート吹いてたか。


でもそれは面倒臭い!


というわけ簡単に塗れるマーカー探しでも始めようかな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。