hutari


せつねえ…

いつもの作風とは一味違う。
せつない話が沢山詰まった単行本。

小坂俊史先生の作品に垣間見える毒の片鱗を感じた気がしますな。

コメント

非公開コメント