FC2ブログ

天宮問題

引き続き考察。

ムックなんかを当たってますと、七人衆編や天下統一編のページでも、
半島の事を天宮と呼んでいますが、
あの半島が天宮と呼ばれるようになったのは何時の出来事なのかという事が気になりまして。

天宮という名前が定番となった今だからこそムックはそういう書き方をしてるのかもしれないわけで。
今で言うなら、縄文時代の日本では、みたいな文章と同じようなものかもなーと思ったり。

とりあえず自分の中では正史であると規定しているコミックワールドでは、
この言葉が出るのは随分と後。
七人衆編や風林火山編ではさっぱり。
しかし答えは意外な所から、
武者烈伝零 銀狼之章にて真悪参が出現した後、
私は再び天宮の地に呼び戻された、と心の中で思った部分に注目。
どうやら七人衆編の時点で頑駄無国出身の筈の真悪参が天宮という単語を使っている事から、
天宮は地名であり時代によっては国名ともなった、という事実が分かるわけで。
これはもう、当時の人間が言ってるのだから間違いは無い筈。

てな事を考え続けてぼんやり悦に浸っていたら、
八端さんの所で、そもそも天帝を祭った宮があったので
その地を天宮の名で呼ぶようになったとの記述を発見。
こりゃ大分遠回りしてた模様・・・

今度出典を聞いてみましょうか。

コメント

非公開コメント